FC2ブログ

サテライト大阪DIARY

タレント事務所、サテライト大阪・サテライト東京のメンバーが更新する日記です!!

ヒマラヤほどのトゥートゥーひとつ

正方形ですね

この問題
そもそも天才の定義ですが

「○○が出来たら天才」って正直どうかと思う


天才って…なんかそういうものを超越した存在なんじゃないか
と言うより本当の天才はそういうことに特別固執しないのでは?と思います


「こうこうこういう人が天才ですよ」みたいな定義に縛られない
それが天才だと思うんですよ


もっと根本的なことを言えば

「正方形を35個以上見つけた人は天才です」と言われて

「35個以上見つけたから自分は天才だ!」と思う人は、残念ながら間違いなく天才ではないです



軽すぎや




どうも

奥野です



開幕から多方面ディスりましたが
それは置いといて



感動の洪水のお話ですね




もうすっかり忘れている人もいると思いますので

もとい完全に興味なくなった人もいると思いますので

深くは語りません
簡単にします



簡単に言うとなるとですね
この往復100km越えの自転車チャレンジ


ツラさがイマイチ伝わらない

なんとなく「すごいね」とか「頑張ったね」といった言葉はいただきます
それは非常に嬉しいんですが、正直みなさんピンと来てないと思います


エベレスト登頂成功!って言われても分からないじゃないですか
そんな感じ

なので実際にこのチャレンジをした人間にしか分からないんだと思いますね
まぁそういった意味でも貴重な体験をできたと思うのですが



せめてどれだけ過酷だったか、みなさんもイメージしやすいようにお伝えします




まず気温

最近すっごい暑いですね
ちょっと歩いただけでもものすごく汗をかきます

30度以上で真夏日、35度以上で猛暑日と言いますが
このチャレンジをした日の日中気温は35度でした


この35度の中、お日様の下で立っているだけでもツラいのに
6時間自転車に乗り続けました




次に座席

映画館とか劇場とか
ズーっと座り続けているとお尻が痛くなることがありますよね
リラックスしているはずなのに、お尻へは負担がかかっています

それがふかふかの椅子だったり、広い椅子ならまだいいんです
カタい椅子や小さい椅子だとツラいですよね

特に自転車サドルみたいに
カタくて小さい椅子なら尚更です

少しの距離を走るなら問題ないんですが
6時間自転車に乗り続けました




次に運動

みなさん普段から運動はされていると思います
少しの運動から、体を鍛えるためのハードな運動
簡単な運動もあれば過酷な運動もありますね

ただ、同じ運動を続けていると負担がかかりすぎて体を痛めてしまいます
また、あまり長時間続けるのもよくありません
特に膝や腰などの間接は、年齢を重ねるごとに痛めやすくなり、治りにくいので注意が必要です



つまり
6時間も足を動かし続けるのは非常に危険だという事です






えー


お分かりいただけましたでしょうか
どれか一つだけでも相当過酷なのに



これを全部いっぺんにやったわけです


大変でしょ


本当

分かってもらえましたかね





ちなみに"片道"で「6時間」です

つまり倍プッシュです
しかもお水も背負ってますからね








こんな過酷なチャレンジを

実施する3日前に言われて

ビビりながら準備して

その前にも大変な重労働をして

それから出発して

達成して

帰ってくる




ホント

ぼく天才じゃないかと思う


なんとなくでもいいので、このチャレンジの過酷さが分かっていただければ幸いです

  1. 2017/08/28(月) 02:16:49|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://satelliteosaka.blog85.fc2.com/tb.php/3637-b032aa50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)