FC2ブログ

サテライト大阪DIARY

タレント事務所、サテライト大阪・サテライト東京のメンバーが更新する日記です!!

Do not forget me!

ちょりっす(・ω・)ノ



今日はSクラス(高校公演 進路ミュージカルのリハーサル)やったんやけどね。



始まる前に今年からSクラス担当の東夫木がフリートークするんです。



今日はまだ僕らがサテライト大阪に入って間も無い頃のSクラスでの話((*´∀`*))


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

当時、竹田さん(サテライト大阪 社長)が担当していたSクラスで、まだ高校公演にもほとんど出演出来ていなかった僕らは先輩達がステージに立つのを観て勉強しながら、いつか同じステージに立ちたいと憧れていた。



そんなある日のSクラス、リハーサルのダンス中に、主役の先輩が古傷の膝を痛めてしまい倒れてしまった。



膝の半月板を損傷し、全治数ヶ月の重症。



本番は明日。



高校にも進路ミュージカルのために時間を空けて頂いているので、穴は開けられない。



そこで、白羽の矢が立ったのが堤だった。



進路ミュージカルはたくさんの高校で上演するので2チーム作っていて、怪我をした先輩と同じ役が堤だったのだ。



とはいえ、堤はその役をまだやった事がなく、そもそもチームを2つ作ったのもついこの間なのだ。



当然、まだセリフや段取りも完璧じゃない。



狼狽する僕らに竹田さんが言った。

「今から覚えるしかないな」



その日のSクラスの全時間を使って堤に段取りを覚えてもらう。



そしてSクラス終わりで出発だったので、怪我をした先輩から衣装を預かり、本番までにセリフを覚えるというのだ。



焦る堤。
でも、やるしかない。



宿泊するホテルへ向かう車の中で必死にセリフを、繰り返す堤。



到着してからも、ホテルの駐車場で堤の出ているシーンをメンバー全員で夜遅くまで合わせる。



しかし



うまくいかない。



なんせ主役なもんだからセリフが多い。
まして、経験も少ない当時のこと。



「無茶を言ってるのはわかってる。セリフが飛んでしまうのは仕方がない」



と、出発前に竹田さんも言っていた。



不安はあったけど時間も時間だったので、みんなが余り寝不足になって明日の本番に支障があっては元も子もない。



後は明日にしよう。
みんなホテルの部屋に帰って行った。



そして本番当日。



高校に向かう車の中でも堤はセリフを返している。



舞台の準備中も堤は控え室に篭ってセリフを覚える。



そしてゲネプロ(本番通りに行うリハーサル)



やはり、堤のセリフが飛んでしまう。



拭いきれない不安感が漂う。



でももうここまで来たら仕方がない。
本番でもしセリフが飛んだらみんなでフォローしよう!





そして本番。





堤はノーミスだった。



いや、細かく見れば小さなミスはあったのかもしれないが、お客さんに気づかれるレベルではないのは間違いない。



堤は無事に大役をやり遂げたのだ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「…で、ここから堤の評価が上がって、高校公演にもどんどん抜擢されるようになってん。だから新人メンバーもいつ仕事が入るかもわからないから、準備はしっかりと…」



…ちょっといいかなヾ(・ε・`*)



まるで自分の事のように得意気に話している東夫木の言葉を遮るように一人の男が立ち上がった。





僕だ( ⁼̴̀꒳⁼̴́ )ドヤッ✧



続く



ーーー
エヘッ(・ω < ※)ヾ



☆〃真鍋 歩☆〃













  1. 2015/06/08(月) 23:57:46|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://satelliteosaka.blog85.fc2.com/tb.php/2273-3de9278f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)