FC2ブログ

サテライト大阪DIARY

タレント事務所、サテライト大阪・サテライト東京のメンバーが更新する日記です!!

おもしろき こともなき世を おもしろく

ちょりっす(・ω・)ノ



幕末大好き芸人です((*´∀`*))



タイトルは奇兵隊の創設者、長州藩 高杉晋作の辞世の句ですが、僕が一番敬愛してやまないのは


武市瑞山先生です((*´∀`*))



武市先生のご活躍の詳細はコチラ!
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/武市瑞山



幕末の英雄、維新三傑の西郷隆盛と木戸孝允(桂小五郎)を足したような人物と評され、剣術も一流、教養もあり、とにかく会う人が皆傾倒してしまうほどの人格者で、坂本龍馬をはじめ土佐中の下士達から慕われ、低い身分でありながら、土佐を動かし、朝廷を取り入れ、日本を動かした人です((*´∀`*))



坂本龍馬や中岡慎太郎が土佐を捨てて自由の身として活動していたことに比べ、武市先生は藩の重役にまで上り詰め、常に責任のある立場で活動していたことを考えると、そのプレッシャーは相当なものだったはず(º ロ º๑)



当時の土佐は大多数の武市派と少数の龍馬派に分かれていたため、小説やドラマなど龍馬を主役とする物語では、対比するため冷酷に描かれることが多いのだけど、忘れちゃならんのが龍馬をはじめみんな武市先生が大好きだったということなのです(T ^ T)



さぁ、そんな武市先生ですが、僕が尊敬してやまないシーンがあります((*´∀`*))



それが、小山ゆう先生の『お~い!竜馬』のワンシーン。



思春期を迎えた坂本龍馬、武市半平太、岡田以蔵の三人が遊郭に行こうと相談するシーン。



渋る竜馬を説得した後の以蔵とのやりとり。



以蔵「おんしにゃ妙な才能があるなぁ…間違っちょってもおんしが話すとなんか正しいことのように聞こえよる」


武市「それは説得力があるっちゅうことじゃ!!」



このやりとりが好きすぎる(๑˃̶͈̀◡˂̶͈́๑)



そうなんです!

【間違ってることでも正しいことのように聞こえる説得力】

これが僕の目指すべきものなんです((*´∀`*))



僕ね、よく夏夫の携帯から先輩メンバーにLINEでメッセージを送るんです。

「わっふるわっふる」

とか

「LINEゲームで最高点出しましたー!٩( ᐛ )و」

とか((*´∀`*))



すると、当然夏夫や先輩メンバーからはクレームが入るわけです( ꒪Д꒪)



そんな時、僕はいつもこう言います。

「じゃあ何で俺が堤には送らないかわかるか?それは堤に送っても面白くないからや。堤は夏夫と普段からコミュニケーション取ってるから、そんなLINEがきても何にも思わんねん。お前らは普段夏夫とLINEのやり取りしてるか?してないやろ。だから急にそんなLINEが来たら腹立つねん。そもそも夏夫がそんなLINE送ると思うか?どうせ俺が送らせてるってわかるねんから「夏夫も大変やな~」って流したったらいいやんか。それが先輩の器やねん」



はい、言われてみればそうでしょ?
あー、そんな深い意味があったのか。って思うでしょ?



それは説得力があるっちゅうことじゃ( *`ω´)www



本当は夏夫がテンパるのと先輩メンバーが怒るのが面白かっただけなのに、自分が責められるとそれにさも意味があったかのような言い回し((*´∀`*))



…そのうち嫌われるな( *`ω´)www



ちなみに、冒頭でも言いましたが今日のタイトルは奇兵隊の創設者、長州藩 高杉晋作の辞世の句です。

おもしろき こともなき世を 面白く

この句のは

「面白くない世の中を面白くしてやろう」

という意味ではなく

「面白くないことも心持ち一つで面白くなる」

という意味です((*´∀`*))



せっかくなら身の回りのあらゆることを「面白い・楽しい」という出来事に変えてしまえば、人生はもっと楽しいのです((*´∀`*))



僕はよくこのブログでも、「こないだこんな腹立つことがあった!」「こないだめっちゃムカついた!」と怒ってますが、それを読んだ人が

「あ~、それは腹立つなー。笑」

「てか、この人いっつも怒ってるな~笑」


と、笑ってくれたら怒ってる僕も少しは報われるんじゃないかなと思います((*´∀`*))



……。



なんか良いこと言ってるみたいな感じになってるでしょ?



それは説得力があるっちゅうことじゃ( *`ω´)www



ーーー
エヘッ(・ω < ※)ヾ



☆〃真鍋 歩☆〃
  1. 2015/06/05(金) 12:49:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://satelliteosaka.blog85.fc2.com/tb.php/2250-a539afda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)