FC2ブログ

サテライト大阪DIARY

タレント事務所、サテライト大阪・サテライト東京のメンバーが更新する日記です!!

若き俳優たちよ

ちょりっす(・ω・)ノ


僕ね、こう見えて(どう見える?)専門学校で講師をさせてもらってます((*´∀`*))


夢に向かって一歩踏み出した若き俳優のタマゴ達。


僕が最初の授業から一貫して彼らに伝えてきた事が3つある。


1つは


「役者なんてテンションと声の大きさで大概の事は乗り切れる!」


冗談で言ってるように聞こえるけど、ホンマにコレ大事。


僕がコレを意識出来たのは5年目くらい。


簡単そうだけど、ホンマにコレが出来ない人がほとんど。


だからこそコレが出来ると目立つ!


2つ目は


「常に自分の出来るMAXを出せ!」


コレも大事。


「自分の出せる一番大きな声を出して」


と言うとみんな大きな声を出す。
でも次に


「今出した声より大きな声を出して」


と言うともっと大きな声が出る。


と言うことは「自分の出せる一番大きな声」と言った時にその声が出せないといけない。


人は知らず知らずにセーブしてしまう。


でもそれってめちゃくちゃもったいない。


本当はもっと出来るのにセーブしてしまうと、人からの評価はそこまでになってしまう。


カッコいい役は自分の出来る一番カッコ良く。
可愛い役は自分の出来る一番可愛いく。
気持ち悪い役は自分の出来る一番気持ち悪く。


そして3つ目。


「人と比べるな。自分を信じろ!」


役者をやってると必ずぶつかる壁がある。


【セリフが少ない】

【自分がやりたかった役が出来ない】


今となっては

「芝居はみんなで作るもの、役の大きい小さいなんて無い」

と思えるけど、僕も最初はそんな不満を感じたりもした。


メインの役をやりたかったけど【脇役】になってしまった。


セリフも無い【その他大勢】になってしまった。


そんな時はどうするか?


それは【脇役】や【その他大勢】を精一杯やること。


【世界一の脇役】【世界一のその他大勢】になること。


そうすれば、きっと誰もが放っておかない。


自分の可能性を信じる。


自分が信じないなら、一体誰がそれを信じてくれる?


人と違うのは当たり前。


「あの子は可愛いから」

「あいつは演技が上手いから」


そんな事よりも

【昨日の自分より可愛くなってるか】

【昨日の自分より演技が上手くなってるか】


もしそれを胸を張って肯定出来るなら、きっとそれは素敵な事だと思う。



今日は最後の授業。


僕は彼らが今まで頑張って来たのを知っている。


また、これからも頑張って行くのも知っている。


でも、それでもあえて言う!




頑張れ!!!



ーーー✨👑✨
エヘッ(・ω < ※)ヾ


☆〃真鍋 歩☆〃
  1. 2014/09/30(火) 18:10:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://satelliteosaka.blog85.fc2.com/tb.php/1878-a9da8442
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)