FC2ブログ

サテライト大阪DIARY

タレント事務所、サテライト大阪・サテライト東京のメンバーが更新する日記です!!

初恋の思ひ出

ちょりっす(・ω・)ノ


今度うちの甥っ子が保育所に行くことになりました((*´∀`*))



で、自分の保育所の頃はどんな感じやったかなーと、アルバムを引っ張り出してきました。



懐かしい(´-ω-`)=3
家族で思い出話に花が咲く。



「そういえば、あんたは3才ぐらいの頃…」



僕の小さい頃の写真を手にオカンが話し始めたのは、僕の淡い初恋の思い出。



《マーミな、Y先生好きやから、Y先生と結婚するねん!》



保育所のY先生にゾッコンラブだった僕。



あ、ちなみに“マーミ”ってのは僕が小さい頃、自分を呼んでた名前ね。



死ぬほど愛おしいよね(//・ω・//)



そんな僕はY先生が大好きで、絵本を読んでもらったり、一緒に遊んでもらったり、とにかくベッタリで、オカンが迎えに来ても帰りたがらなかったそう。



そんなある日。



Y先生が保育所を退職することになった。



まさかの寿退職。



僕は、初めての失恋に声が潰れるほど泣いた。



“ごめんね。本当にごめんね”



好きな人の幸せを願うには、あまりにも僕は幼すぎて、Y先生の優しさが、ただただ胸を締め付けた。



そして、Y先生と会える最後の日。



いつものように絵本を読んでもらって、いつものように遊んでもらって、いつものように帰るのを嫌がった。



《マーミが…ぇぐっ…大人になったら…ぅぐっ…絶対に絶対に絶対に結婚してな!!!》



“うん、先生をマーミのお嫁さんにしてね”



Y先生とはそれっきり。



「それからあんたは保育所に行きたがらなくて、大変やってんから」



懐かしそうに話すオカン。



《そんなこともあったな》


と、思い出に浸っている僕に、オカンは一枚の写真を手渡した。



僕とY先生の写真。






Σ( ̄□ ̄;)!!






Y先生めっっっっちゃブスやった!!!



いや、マジで!



好感度下がるの承知で言うけど、ビジュアルで誉めるとこ一切無かったもん!



Y先生、僕の思い出の中でめちゃくちゃ美化されてたね。



《めっちゃブスやん!》



口の悪い僕。



「そうやでー、他に可愛い先生おったのに、この子趣味悪いわーって心配やったんよ」



僕以上に口の悪いオカン。



ごめんなー、3歳の頃の俺。
今の俺は、いつのまにか尾崎の嫌ってた“汚い大人”になっちまったんだよ。



まぁ、短大出てすぐに保母さんになったとして、当時21~22歳ぐらいか。



あれから30年近く経ってるから、今は…(꒪⌓꒪)



【回想】

《マーミが…ぇぐっ…大人になったら…ぅぐっ…絶対に絶対に絶対に結婚してな!!!》



“うん、先生をマーミのお嫁さんにしてね”






…覚えてたらどうしよう。笑
ガクガク((((°Д°))))ブルブル






……。






好感度下がったな(^◇^)



ーーー✨👑✨
エヘッ(・ω < ※)ヾ



☆〃真鍋 歩☆〃
  1. 2014/09/10(水) 09:32:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://satelliteosaka.blog85.fc2.com/tb.php/1841-09f5e05f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)